.トップページ -> 沢登り -> 東北 阿武隈川・南沢右俣

*掲載内容についての注意がございますのでこちらをご覧下さい→

東北 阿武隈川・南沢右俣

■8月6日(金) 曇時々小雨

8月5日21:40JR蘇我駅にてTさんの車に乗車。22:50浦和より東北道に。1:00白河インターに降りる。
8月6日1:40甲子温泉に到着。車外でタープを張って寝る予定が雨が降り出し車中で仮眠。
5:00起床。朝食。

 6:05出発。甲子温泉の玄関先を通り抜け、山道(R286の標示がある)をゆくと、砂防ダムの前に橋がかかり、右側の川にそって道がのびている。どちらが本流かしばし迷うが、甲子山からの下山道をみつけ、砂防ダムの方が阿武隈川本流とわかる。左側についているわずかな踏み跡をたどり堰堤の上にでる。

 6:35最後の砂防提をこす。すぐ右へ南沢を分け本流は左へカーブし、二俣に分かれているのが見える。

阿武隈川南沢を溯る 6:40~50ハーネスを着け南沢へ入る。
 7:00 10mの滝(上部ザイル)。
 7:20 10mの滝(上部ザイル)。
 7:50 15mの滝(上部ザイル)。
 8:25 10mの滝(上部ザイル)。
 8:45 7mくらいの滝。(上部1mほどホールドすくない、ザイル)。
 8:55 15mくらいの傾斜のゆるい滝。
 9:20 二俣(右股へ)

 9:30 30m奥の大滝(二段)(下部ツルツル左を巻き気味に10mくらいの所より岩に取り付く。ここよりザイル。二段目の落ち口をへつり気味に上部へでる)。小滝を2~3こえるとトイ状のスラブが続く。水流はチョロチョロ。

 10:10 奥の二俣(右へ)時々流木があり登りにくい。トイ状のスラブが続く。5分ほどヤブコギをすると登山道にでる。

 10:40~50 甲子山頂上。
 12:00 甲子温泉へ下山。

 10mくらいの滝が次々と現れ、あきのこない沢でした。やぶこぎも短く、沢がやや暗いことを除けば快適な沢登りでした。予定より早く下山できたのでゆっくり温泉に入り家路に。道路も首都高以外は渋滞もなく、19:00我が家にたどり着けるとは信じられない早帰りでした。田中さんに感謝。(記 ヨリ姫)

沢登りの最近記事(5件)

上記以外の記事は「沢登り」のカテゴリーページをご覧下さい。

PageTop

Copyright © 2006-2020 山の会「岳樺クラブ」 All Rights Reserved.