.トップページ -> クライミング -> 幕岩クライミング

*掲載内容についての注意がございますのでこちらをご覧下さい→

幕岩クライミング

■日程 2009年12月13日(日)
■目的地 湯河原 幕岩
■メンバー 竜少年,TOMO,takechian,TOKUさん

■12月13日 晴れ
暖かい幕岩公園も既に晩秋の面持ち。てんとう虫エリアは大きな柵に囲まれてクライミング禁止の立て札。人が登っていないので黒い岩肌が苔むしてきている。残念なことです。
てんとう虫を通って桃源郷へ。既にクライマーでスダレ状態。では、悟空スラブへと進む。悟空スラブはダーレも居ない別天地。オーダーは竜少年とTOKUさん。Ttakechian&TOMOの2パーティ。新品のロープを結び合う。

1ピッチ目 竜少年リード
前日の雨がまだ乾かず下部は濡れ濡れ状態。でも静かだ。

2ビッチ目 TOKUさんリード
1ピッチ目フォロアーからそのままツルベで2ピッチ目へ。快適にサッサとビレイ解除。初めて組んだパーティとは思えないほど安定している。

3ピッチ目 竜少年 リード
そのままツルベで行く。悟空スラブの核心部。振り返れば三浦半島の向こうに初島、うっすらと大島も見える。約40mでロープイッパイ。第2パーティのtakechianのヘルメットが見える。
TOKUさん曰く、イヤーなかなか面白いですねー、汗をかいて取り付きへ。振り返れば湘南の海、幕岩でこんなところがあるなんて知らなかったー。

続いてtakechianが初リードとは思えない確実さで登ってくる。代表としては嬉しい。
終了点にTOMOちゃんも加わり懸垂で2ピッチ下降で元の取り付きへ。

午後からは桃源郷で1ピッチクライミング。昔の仲間に偶然あう。泊まりできていたとか。
フック船長(10a)があいたのでやらせてもらう。なにせクライマーで大混雑なのでラッキー。
残念、フック船長は敗退。

アダブカタブラ(10a)は全員1テンションながら完登。秋の日はツルベ落とし。湯河原の駅に着く頃には夕暮れが迫っていた。久しぶりに充実した日であった。
(記 竜少年)

クライミングの最近記事(5件)

上記以外の記事は「クライミング」のカテゴリーページをご覧下さい。

PageTop

Copyright © 2006-2019 山の会「岳樺クラブ」 All Rights Reserved.