.トップページ -> クライミング -> 南アルプス 甲斐駒ケ岳・赤石沢奥壁中央稜

*掲載内容についての注意がございますのでこちらをご覧下さい→

南アルプス 甲斐駒ケ岳・赤石沢奥壁中央稜

― 17年ぶりに戻ってきた甲斐駒はやさしく迎えてくれた ―

■9月22日

竹宇駒ケ岳神社6:00~笹ノ平8:25~刃渡り9:45~五合目小屋11:20~七丈小屋テント場13:20

 17年ぶりの竹宇駒ケ岳神社である。駐車場で朝食の冷し中華をすすっていると、黄蓮谷に行くスギさんとウエマツさんに遭遇。スギさん達は挨拶も早々に、すぐさま出発してしまった。(われわれとは気合いがちがう)

 われわれも黒戸尾根へ出発。軽量化したつもりがザックはずっしり、中央稜の前に黒戸尾根が登れるだろうか。

 登り初めはきつかったが一回の休憩で笹ノ平に到着。さあ これからがきつくなると思いきや、快調に刃渡りを通過する。そのころからチカちゃんが「イグチちゃんだー」の連発が始まった。イグチ?ダイエーホークスの井口なら知っているが、実はキノコであった。

 五合目の水場で「イグチちゃん」を洗い今晩のおかずとなってしまった。
 急なハシゴ登りの連続のすえ七丈小屋テント場に到着する。お味噌汁とサラダに入れた「イグチちゃん」は美味しかった。ついついお酒が進んでしまった。


■9月23日

七丈小屋テント場5:35~八合目6:25~中央稜取付き6:40~赤岩ピーク稜線12:15~甲斐駒頂上13:15~七丈小屋テント場14:45

 5時35分出発「寒い」。
 秋にしては、かなり冷え込んでいる。八合目まで1時間の登りが体を暖めてくれた。天気は快晴だ。赤石沢奥壁に朝日があたる。奥壁は冬を含め5回目であるが、何か新鮮な気持ちと緊張感で身が引きしまる思いがする。

 ヘルメットをかぶり「いざ出陣」、八丈バンドを慎重に下り中央稜取付きへ。クニさんトップ、チカちゃんセカンド、ラストが僕のオーダーとなる。

1ピッチ目
 クニさんが出だしのスクイズチムニーを快調にぬけ姿が見えなくなる。クニさんからのコールでチカちゃんが登り始める。スクイズチムニーに体を入れないで登って行ってしまった。僕はチムニーに腹がつかえたが、どうにかクリア。

 左のフェースに移り、さらに右上する。確かこのあたりは草付きであったのではないか? 今はぼろぼろの岩が露出している。
さらに右上してスラブが現れた。

2ピッチ目
 スラブを左上して草付き帯にクニさんの姿が消えてゆく。チカちゃんはフリクションをきかせスタスタと、僕はチカちゃんのホールド、スタンスをまねて登る。

 第二バンドに出て小休止となる。フェースにリングボルトが打ってある。A0のピッチだが、確実に登るため2ピンだけアブミを使用する事にする。クニさんがアブミを残し右上の草付きともろい岩にザイルがのびてゆく。

 チカちゃんの番となる。ジムの人工トレーニングの成果か、問題なく乗り越えていった。さあ 僕の番、人工ならと思いきや2ピン目のアブミ回収に苦労するはめとなってしまった。

4ピッチ目
 凹角を10Mぼど登ると小テラスに出るピッチである。クニさんが、僕に「トップで行きますか」と声をかけてくれた。お言葉に甘えトップをやらせて頂く。

5ピッチ目
 クラックからスラブに移る最終ピッチとなる。アングルハーケンががっちりきいている。これは昔と変らない。クニさんが引く2本のザイルが快調にのびて行く。スラブをぬけブッシュ帯へ、続いてチカちゃんと僕が上部ブッシュ帯に到着。ここで岩場の登攀は終了となる。

 ここから先は稜線まで300Mのブッシュの踏み跡をたどる長い登りである。
クニさんをトップに踏み跡を登って行く、2~3級が連続するため気がぬけない。踏み跡が不明瞭な部分もありクニさんが先行してルートを確めてもらう。その間、チカちゃんと僕が休んでいると、突然「チカちゃんと宮本さんかー」と奥壁に響きわたる。

なんと右の稜線にスギさんとウエマツさんが居るではないか、チカちゃんが「きのうイグチ食べたよー」と叫ぶと、「裏が青いのは食べられないからなー」と返事が返ってきた。こんな所で会える?とは思わなかった。別れを告げ、ひたすらブッシュ登り。はい松が多くなり傾斜がきつくなってきた。アンザイレンをして赤岩ピーク右下の稜線に飛び出し終了となった。
 3人握手、休憩後、頂上に向かう事になった。

 頂上には沢山の人がいた。記念撮影をすませ、ゆっくり景色を味わう事とする。頂上に来たのは何年前だろうか。いつも頂上に行く余裕がなかった。今登って来た奥壁、そして摩利支天の東壁、中央壁、となり見える北岳バットレス、仙丈の岳沢… 冬の思い出が甦ってくる、あの時のパートナーはどうしているだろうか。


■9月24日

七丈小屋テント場7:25~五合目小屋8:05~笹ノ平9:35~竹宇駒ケ岳神社12:00

 昨日、七丈小屋にビールを買いにいったら、ビール1本サービスとお客さんが置いていったお酒を頂いてしまった。小屋番さん(クライマー?)になぜか気に入られたようだ。
小屋番さんにお礼を言い、満足感を背負い七丈小屋を後にする。
来年は摩利支天の中央壁でも行ってみようか。                                  (記 Miya)

クライミングの最近記事(5件)

上記以外の記事は「クライミング」のカテゴリーページをご覧下さい。

PageTop

Copyright © 2006-2021 山の会「岳樺クラブ」 All Rights Reserved.