.トップページ -> クライミング -> 伊豆周辺 5月の城ヶ崎で癒しのクライミング

*掲載内容についての注意がございますのでこちらをご覧下さい→

伊豆周辺 5月の城ヶ崎で癒しのクライミング

心身が疲れ果てた時は、迷わず城ヶ崎

クラックをリードは、毎度、実力不足を感じるのだが、そんなことも言っておれないので再度リードにトライ。



■ フナムシロック 5月19日、晴れ、引き潮

 今日は土曜日、一週間の寝不足と疲れで体がよたよたガタガタ。とりあえず、フラッシュダンス(5.9)をトップロープでのぼり、体をほぐす。私もMIKIさんも、予想外にジャミングが効き、テンションもなく登れる。

 それではと、かねてから課題のパープルシャドー(5.8)のリードにトライ。なんか濡れているが、まー、大丈夫と判断して取り付く。途中でエイリアンの数が足らなくなって、クライムダウンして下でセットしたエイリアンを回収して上でセットしてやっと抜ける。クラックが濡れているなんて言い訳もあるが、なんとも、クライミング能力の不足を道具で補っているようで情けない。次にMIKIさんが、リードにトライ。ビレーしている方が緊張するも、難なく終了。

 さて、フレンズを回収する時になって、一番上のエイリアンと一番下のキャメロットが外れない。ナッツのワイヤーを使うもダメ。車の工具箱のレンチやペンチを総動員してやっと回収する。おかげで、パープルシャドーをトップロープで数回のぼるはめになる。いやー、高所建築作業で疲れたなー!


■ あかね浜 5月20日、快晴、引き潮

 今日も快晴である。いがいが根公共パーキングから喫茶ジュピターまで車を利用して、あかね浜に出かける。引き潮で波も無いので、海側のルートの帝釈天(10a),増長天(5.8a)をトップロープで楽しむ。2年前より楽に登れ、やれやれと安心する。

 学習能力の低下は否めないとしても、少しは技も向上して欲しいと自分に期待する。ここが初めてのMIKIさんは、ルートの長さと変化をいたく気に言った様子。

 お次は、ツワブキ(10a)のリードにトップロープに護られてトライ。ここは、ムーブもわかっているルートである。エイリアンの同サイズが足らなくなったり、一番上のワイドクラックでフレンズのサイズが会わなかったりして、両名とも苦労する。しかし、その問題を解決すれば安定した状態でフレンズをセットできるので、10aクラックのレッドポイントの可能性がある。そんな期待を秘めて何度も練習。近い内、レッドポイントできるかな??



■ 感想
 いがいが根パーキング愛用の釣師とも顔見知りとなって、時間に追われることもなく、リードに集中した。
 心身が疲れ果てた時は、迷わず城ヶ崎である。
(記 錦少年)

クライミングの最近記事(5件)

上記以外の記事は「クライミング」のカテゴリーページをご覧下さい。

PageTop

Copyright © 2006-2021 山の会「岳樺クラブ」 All Rights Reserved.