86.南アルプス 北岳バットレス四尾根主稜(08/16 12:40)


< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

<画像:>

7:30 府中本町出発〜(車)〜夕食〜(車)〜10:30 芦安駐車場にて幕営 <画像:bガリー大滝取付まで偵察>3:30 起床
5:10 芦安駐車場〜(バス)〜6:10 広河原 休憩

6:35 広河原出発〜(大樺沢登山道)〜9:12 二俣 休憩(登攀装備以外デポ)

9:43 偵察〜(大樺沢登山道)〜11:50 バットレス沢(大岩) 休憩

12:16 バットレス沢(大岩)〜(アプローチ)〜13:45 bガリー大滝取付き 休憩

14:06 bガリー大滝出発〜(二俣経由)〜15:26 白根御池小屋 幕営


<画像:バットレス沢上部を詰める><画像:バットレス沢とC沢の中間にあるアプローチ踏み跡><画像:白根御池小屋幕営地>


<画像:朝焼けの中バットレス沢上部を詰める>1:30 起床

3:00 白根御池小屋出発〜(登山道)〜3:22 二俣

トラバース道で木の根元を乗り越える箇所多々有り(御池小屋からは下りが多い)。

3:22 二俣〜(登山道)〜4:10 バットレス沢(大岩)  

二俣からの雪渓の横断はシュルンドに注意が必要。大樺沢沿いに部分的にザレ場があるジグザグ道を登っていく。

途中10〜15分くらいの所にヒドンガリー(涸沢)がありバットレス沢と間違え易いが、バットレス沢の目印は下部に3〜4人程度休憩できるスペースのある大岩が登山道脇にある事と先の小さな尾根を越える(10〜15m上)と水の流れるC沢に出合うことで分かる。

<画像:右手前から望むbガリー大滝>4:10 バットレス沢〜(アプローチ)〜4:40 バットレス沢滑滝(涸滝) 休憩

バットレス沢とC沢との間の樹林帯の尾根の踏み後を伝って登ってゆく。荒れている急登。樹林帯を抜けるとバットレス沢に合流。

滑滝手前にかなり悪いガラ場有り。滑滝からはbガリー大滝が目視できる。休憩。装備装着。

<画像:正面から望むbガリー大滝>4:50 バットレス沢滑滝〜徒歩〜5:40 bガリー大滝取付き

滑滝からは右岸沿いの草付きのザレた踏み後をジグザグに登る。非常に悪く、下りには使いたくない悪い道。

途中から左にC沢の雪渓が見え、2尾根の突端が現れる。完全なザレ場になりbガリーの大滝に突当たる。

大滝前には脆い岩場および雪渓がある。岩場を乗越し、雪渓の左側を2尾根沿いに回りこむ。足場は非常に悪い。

大滝を右へ少しトラバースした30?p位のバンドでセルフビレイをとる。

- アプローチ bガリー大滝 -
5:46 bガリー大滝〜登攀〜6:49 bガリー大滝上部

<画像:bガリー大滝1ピッチ目>

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >
86/318

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.1b2